育児マニュアル Click

修正月齢7ヶ月目突入したけど発育が心配

修正月齢が7カ月目突入をそろそろ迎えます。

当記事では修正月齢6カ月目の様子を振り返ると共に、こどもちゃれんじ8カ月号について紹介します。

こどもちゃれんじは、まだ月齢よりも早いですが、昨晩夜遅くに自宅に届いたので併せちゃってます。

当ブログ初めての方はこちらの記事も合わせてご覧ください。簡単な自己紹介となってます。

ざっとお伝えすると、妊娠判明から当ブログを開設した経緯を紹介しています。

あわせて読みたい
双子のマタニティライフ〜
双子のマタニティライフ〜マタニティライフの記録として、ブログで記録していきます。ドメイン設定等でプログ毎移転したので、記事は2019年4月15日に綴ったものから編集しています。一部自身のブ...
目次

修正月齢6ヶ月目

双子ということもあってか、なかなか身体的な成長に伸び悩んでいるところです。

修正月齢6ヶ月でできることは一般的に「寝返り」「手先遊び」「少しだけお座り」と言われています。

生後6ヶ月でここまでできるようになると、感慨深いですね。

出産時に色々(手術)とかあって、遅れているのは重々承知しているのですが、焦りますね。

未だに寝返りも出来てないのがとても気になります。毎晩練習をさせてますが、一向にできる気配がない。。。

手術時の記事はこちらです。

あわせて読みたい
心臓手術(大動脈縮窄症、動脈管開存症)の手術当日
心臓手術(大動脈縮窄症、動脈管開存症)の手術当日カピ太郎(兄)は出産して1日でタイトルの「大動脈縮窄症、動脈管開存症」の疑いが持たれた。ちょうど、出産してから1カ月目となる。場所が心臓だけに心配は尽きなかっ...

そろそろ、離乳食も始まる月齢なので離乳食グッズを事前に調達しておくと良いかもしれません。最近はコロナウィルスの影響で、ショップも自粛しているので、ネット通販で購入することになり、それなりに時間がかかるので早め早めの準備が大切です。

まずはブレンダー、離乳食スプーンがあれば何とか乗り切れるはずです。他(離乳食食器、エプロン等)も必要ですが、無くても何とかなります。

寝返り

一般的には、生後5か月目くらいから寝返りを始めると言われているらしいですが、我が家ではまだ出来て居ません。

定期的に、寝返りの訓練をしてはいるのですが、身体に下敷きになった手が抜けなかったり、うまくひっくり返れなかったりと。

まだまだ、訓練は続きそうです。身体にはさまった手を抜く練習をどうやってするか、試行錯誤しています。

手術していない方(弟)はスクスク成長はしていて体重も増えているのですが、こちらも依然寝返りが出来ない状況。

むしろ、手術をした兄の方が先に寝返りが出来そうな勢いです。体重が弟よりも1キロ程軽いから、身体を動かしやすいんでしょうかね。

ですが離乳食は2回食が始まり、ますます時間割(タイムスケジュール)が過密になってます。食べる段階と身体の発達が一般的な成長と異なってきているみたいです。

離乳食の記事はこちらです。

あわせて読みたい
離乳食の便利グッズ紹介&時短テク
離乳食の便利グッズ紹介&時短テク我が家では6ヶ月目に離乳食を開始して、約1ヶ月が経ったのでざっくりとこれまでの経緯をまとめてみることにした。これから離乳食を開始する方への少しでも参考になれば...

そして、そろそろ体重を手術をした兄に抜かされるかもしれないという。。成長の伸びが緩やかになってきた模様。

一番は、未だに一人で完全な寝返りが出来ない事。そろそろ、寝返りは出来ても良い頃なのですが、自分から一人で実施する事は難しいみたいです。

たまに、寝室に放置(セルフ寝かしつけ)していると、敷布から落ちてひっくり返っている事があります。

その時は、大きな声で子供達が助けを呼んでます。

こどもちゃれんじ月齢8月号

こどもちゃれんじは生後から月齢に合わせておもちゃと教本を送ってくれる便利な通信教育です。

こどもちゃれんじについては別記事でまとめてます。

あわせて読みたい
【赤ちゃん】こどもちゃれんじbabyに入会
【赤ちゃん】こどもちゃれんじbabyに入会今月ハーフバースデイを迎えました。生後6カ月目突入。すこし遅くなりましたが「こどもちゃれんじ 」に入会しました。【入会した理由】こどものおもちゃが毎月送られて...

今回届いた、商品は手遊びが出来るようなおもちゃと鏡mきたいなミラーが付いた四角いサイコロみたいな物です。

子供達に渡したところ、教本通りの遊びはまだ難しかった模様。即、おもちゃを舐めました。そして、デロデロになってました。

生後8ヶ月では、まだ遊べない模様。うちの子が少し、発育が遅いのか、一般的な発育には追い付いていない状況です。

まあ、気長に成長を見守りつつ、過ごす日々ですかね。

まだまだ、子供達の発育が心配な日々が続きそうです。

この記事を書いた人

育児休職を経て、職場復帰後、家族に支えられながら双子育児に没頭中しています。育児ネタをメインに執筆。他にも、興味のあることを呟いています。コロナ禍でほぼテレワーク中です。

目次
閉じる