育児マニュアル Click

【鼻吸機】メルシーポットを使ってみて

down angle photography of red clouds and blue sky

我が家にもついに電動鼻水吸引機『メルシーポット』を迎えました。

これで素晴らしく使える商品でした!!

今回は、メルシーポットを双子サークルで頂いてから数週間後に鼻水、目真っ赤になるほどのズビズビの鼻風邪に。

目次

1歳7ヶ月でメルシーポットは使えるか

病院で鼻水の吸引はしたことあるものの、自宅では大苦戦です。

親総出で対応しないと、大惨事になりそう。

メルシーポットには水を入れておく容器があるのですが、片方が面白がってぶん取りに来ます。

そもそも、吸引をおとなしくさせてくれません。

ニヤニヤして近づくも、吸引の音に驚くのか、鼻に入れられるのが嫌なのか、ギャン泣きです。

なので短時間で行う必要があります。

我が家では両方ギャン泣きでした。

病院でも凄く泣くみたいです。

大人しく鼻水の吸引は難しい。

鼻水は簡単に吸えるのか

コツを覚えると、吸えるようになります

最初は偶然吸引できるレベルから始まります。

我が家では小児科で指導して頂きました。

メモ

鼻の付け根あたりを広げるように抑えて、吸引。

あと、吸引するタイミングをお風呂上がりや温かいものを食べた後だと、吸引しやすいみたいです。

まだまだ使い始めたばかりなので、良い方法が見つかったらご紹介していきます。

1週間使ってみて

タオルケットでグルグル巻にして、子供を固定すれば一人でも鼻吸いが可能です。

吸引力もパワフルで凄く良く取れます。

吸引だけのために、耳鼻科に行かなくて済むので快適すぎます。

唯一のデメリット

自宅で実施する分、後片付けと準備が多少面倒です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

育児休職を経て、職場復帰後、家族に支えられながら双子育児に没頭中しています。育児ネタをメインに執筆。他にも、興味のあることを呟いています。コロナ禍でほぼテレワーク中です。

目次
閉じる