里帰り1ヶ月後の夫の変化

妻が里帰りしてから、そろそろ1ヶ月が経ちます。

自身の大きな変化としては、家の掃除とワイシャツのアイロンがけを週末にするようになりました。

一般的に大きな変化というほどの変化ではないかもですが、自分自身では成長したなって勝手に自己満足してます。

後は、スイカの自動チャージ回数が爆増してます。

原因は昼食を社食で食べるようになり、交通系ICを利用できるため、毎回電子決済しています。

それと、社食が普通の定食屋並みのいい値段して高いんですね。一回の昼食費が600円から850円です。

栄養とか抜きにすれば松屋とかで済ませてしまおうと思う事も多々あります。

ただ、ただでさえ食生活が乱れているので、昼食くらい栄養を考慮された食事を採る事も良いのかもしれません。

某企業では昼食バイキングや社員特別価格で食べれるところもあると耳にしますが、自社はそうでもなく、通常の価格にて提供されています。

 

一部の方は、自身で掃除、洗濯、アイロンがけをしている方も居るようですが、

自分はすべてを妻に任せてました。

だから、ちょっとだけ今が忙しく感じてたりします。

習慣化する事で、妻が戻ってきても自分でできるようにしておきたいです。

少しでも妻への負担を減らせたらなという思いがあったりします。

食品等も買いに行くのが大変になるだろうから、赤ちゃんが産まれたらネット通販がメインになるのかなって勝手に思って見たりしてます。

生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

掃除の面では家に帰って寝るだけの生活をしているのですが、髪の毛の抜け毛が目立ちます。(まだ自分は30代なのですがね)いっそ、坊主にすればこの掃除は無くなるんじゃないかとかも思う事もあります。

バリカンを購入しているので、覚悟を決めればいつでも坊主は可能ですが、難しいですね。

育児休業を取得できたあかつきには坊主にチャレンジしてみようかな。

 

ルンバに任せたいと思う事もありましたが、掃除機で掃除してます。

たまにテレビでやっている通販番組で吸引力が凄い掃除機(持ち運び自由)を見たりすると無性に欲しくなったりする事もあります。(ダイソンではないです。中国製の製品でした。)

なぜか、掃除直後も髪の毛やゴミがある事があり、吸引力が足りないのかと思う事も。

きっと実際は、掃除の仕方に問題があるんでしょうけどね。

 

アイロンかけについては、日曜日にまとめて処理してます。

それも、0時過ぎて月曜日になってから対応する事が多いです。

こちらは、洗濯を土曜日に実施して、乾かして、日曜日にアイロンっていうルーチンです。

アイロンかけも入念にしないといけない素材もあり、時間がかかる生地もあります。

最近のは形状記憶(ノンアイロンワイシャツ)があるみたいで、便利アイテムがあるようです。

こちらの記事にてノンアイロンシャツの商品記載:里帰りで寂しい時もこれさえあれば大丈夫

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です