妻が里帰り中の平日の過ごし方

早いもので、23週目を迎えました。

これまでの経緯は本当に長かったようで、あっという間のような感じです。

今振り返ればの話ですけどね。

妊娠初期の当時は思い出してみると、初めて耳にするリスクを医者から告げられ、一週間を凄く長く感じたのを覚えてます。特に、この記事「突然すぎるNT宣告」の時期はとても長く感じました。

夫としてサポートできる事は、「妻が里帰りから戻ってきたあかつきにイクメンパパになっている事

これは、絶対達成できるように里帰り中の今を頑張りたいと思う。

具体的には、ご飯の準備、洗濯、育児を指しています。

家事全般については、結婚してから妻に任せっぱなしだったので、徐々に自分でできる範囲を増やしていきます。

自分達だけのご飯だけでなく、離乳食も始まるので頑張りどころです。

まあ、まずは普通に自分達のご飯を簡単に作れるようにならないとですね。

育児に関しては、地域で主催しているイベントに参加して、オムツの取り替えや沐浴の仕方を学ぶ予定です。

妻と一緒に受講したかったが、今回は自分一人で頑張ります。

楽しみでもあり、一人で参加する不安もあったりする。

全部、きとんと吸収しきれるかという不安が残ります。

後は、ご飯の自炊を週末だけでもしないとだなって思ってます。どうしても平日は、冷凍食品や外食で済ませてしまっているので。

今日は、久しぶりにご飯を炊いてます。22時を回っているので高速炊きで時短で炊いてます。

大体25分程で炊けます。

おかずはどうするのと思われるかもしれませんが、レトルトカレーです。

(そもそも、カレーをおかずというのかはさておき。)

このレトルトカレーですが、80円程で購入できるので、オススメです。

業務用カレーを使うと5パックで180円とかで売っていた気がするので、さらに節約ができます。

 

結局、普段と変わらないような感じになっているんですけどね。「ご飯を家で炊く」これこそが進歩です。

一人では1号もご飯いらないので、少し少なめで準備するのですが、毎回水の量をどうすべきか悩みます。

適当でいいんでしょうけど、できれば美味しく炊きたいっていう葛藤があったりします。

1号未満のお米を炊く際に水加減をどうするかいい方法があるといいんですけどね。

自分の場合は、手を沈めて大体手がすべてつかる水の深さを目安にしています。

ちなみに今日のご飯の具合は少し水分多めな感じでした。

完成系はこちらです。単純のカレーのルーをかけただけですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です