新生児用品その2

今週は長時間の残業続きだったので、休日が待ち遠しかった。テレビでは24時間テレビで賑わっていたみたいだけど、そんなことは置いといて、自宅で掃除やら洗濯やら平日できないことに没頭した。

特に、掃除ではトイレの黒ずみがなかなか落ちないので苦戦している。

スタンプの黒ずみ予防をしているけど、黒ずみって発生するんだな。次は風呂場、ここは毎日シャワーを浴びるタイミングで床を擦っているのでさほど汚れてはいないが、黒染めした時の染め粉が床についているみたいで、そこがなかなか落ちない。

MEMO(追伸)
ついにこの対策を発見しました。

黒ずみには1日トイレ用の洗剤を掛けた状態で放置しておくと翌日には黒ずみは落ちています。

タワシでこすってなかなか落ちませんでしたが、これで一件落着です。

とまあ、掃除の話はこの辺にしておきます。

今日は夕方くらいから、近くの赤ちゃん本舗に行ってきました。ちょうどタイムセールで半額とかをしており、その瞬間だけは凄く賑わっていました。子供づれも多く、自分もいつかここに子供連れて来るのかなっておもいながら、新生児の用品を見て回ってました。

今日、新たに学習したこととしてはサイズ50が生まれてから3ヶ月くらいで次のサイズ60になるかもしれないんだなってことです。

肌着を選ぶ際に○ヶ月用とか見ると、そのくらいで服の買い替えなんだって実感しました。もちろん買う前からもなんとなく知っていたものの、改めて再認識するというか、そんな感じです。

新生児用品その2(妻用のクッション)

今回は前回、入院中の妻と外出許可された際にいろいろ買ったものからさらに買い足しをするような形で赤ちゃん本舗に行きました。

妊娠後期の一時外出許可の注意点と一緒に購入した新生児用品

まずは、入院中の妻へ「クッション」を購入。4wayタイプで抱き枕以外にも授乳クッションやおすわりサポートにも使えるようです。

実物を確認してみましたが、良さそうでした。入院中の妻は腰や背中、肩が痛いようで、少しでもこのクッションで和らいでくれるといいなと思います。妻は高い買い物と気にしてましたが、夫からしたら、そこは解決できる可能性があればサポートしたくなるものです。

産後も骨盤矯正ベルトとかもあるみたいだから、遠慮せずに言ってくれよな。

MEMO(2019/9/8追記)

使い勝手はそこそこ使いやすいみたいで、小さいクッションの方も意外に使えるみたいです。

ただ、ベットから行方不明になってしまうことがあるみたいで、ベットから落ちてしまうこともあるようです。

大きいクッションの方は良いポジションを探りながら、その日毎のポジションを探しながら使っているみたいです。

あるのと無いのでは、あった方が良いみたいで役に立つグッズになっています。

現物は大きめ箱に梱包されているので、車で買いに来ている人以外はネットで購入して家まで配達してもらったほうがいいかもしれません。

使い勝手は来週に妻のところに届くので、また来週どこかで記事にしたいと思います。

おくるみ

5点セットで3980円となんともお買い得な商品があったので、1点だけ買いました。

おくるみは1000円の正方形のバンダナのような記事を1つ赤ちゃん本舗で買っていますが、今回のは少しごつい感じです。

周りの育児先輩方からは星型のおくるみが便利だよて言われておりましたが、まだ足がそこまで入らないし、ちょっと持ち運びには不便だよなって思い、今回は保留にしました。大きくなった段階で購入するかもしれません。

ただ、今回のセット、長袖ドレスコート、おくるみ、帽子、スタイ、ミトンがはいってこのお値段なので、お得な気がします。

おくるみもおなじような素材ですと、3000円くらいするので、プラス1000円で他の商品まで買えると考えるといいかもしれません。

肌着セット

これももろもろ入って、3安かった気がします。肌着は汗ばむ赤ちゃんにとって何枚あっても良いとマタニティ教室でも学んでいたので、買ってみました。サイズとか少しでも長く使いたい肩は紐で結ぶのが良いらしいのですが、うちは双子なので、そこはボタンで留めるものを選びました。

紐形式の肌着は妻のご友人から結構頂けており、ボタンタイプを我が家では買うことにしました。

まとめ

赤ちゃん用品を見に行くのは本当に楽しいもんです。妻と行けたら、もっと楽しいですが。

あれも必要かな、これも必要かなって想像がどんどん膨らんで、楽しいです。

早く、子供と妻と一緒にこういうところに来て買い物をしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です