出産まで後もう少し(妊娠33週目)

今日で妊娠33週目となりました。トツキトウカで50日を切っており、いよいよ出産までも1ヶ月以内です。

先週点滴開始となり、妻は本当によく頑張ってくれています。点滴当初は発熱があり、一時はどうなるかと思いました。

徐々に落ち着いてきているものの、看護師が点滴下手なのか炎症を起こした時もありました。すぐに完治するわけではなく、薬を処方して頂いている状況です。妊娠後期も後期で、いろいろと想定しなかったことが起こっています。

入院そして点滴(副作用) 入院そして点滴(副作用)

33週目のお腹

お腹はさらに大きくなってきており、妊娠線が今までなかった箇所にもできてきているようです。

大きくなっているだけでなく、動きも活発になってきているようです。妻の場合は、左のお腹に丸い出っ張り(赤ちゃん)があるんですが、夜な夜な「これはなんでしょう?」ってポコポコされるようです。

それもあってか、最近寝れないようです。自分の睡眠時間を渡してあげたい気分です。

ようやく寝れて、夜トイレで目覚めると赤ちゃん達も起きて動き始めるようです。それでしばらく寝れないことや徹夜になったりと妻は頑張ってくれています。自身も頑張らねばと活力をもらっています。

 

最近の自身の楽しみは面会時間までに電話できる時があれば、電話して妻との話をすることです。これまでは、疲れて帰宅したら妻が家で迎えてくれていたので、凄く恋しいです。

支えたい気持ちでいっぱいなのですが、最近が仕事が繁忙期で毎日午前様です。育休に向けて猛烈に仕事をしている感じです。

帰宅したら、疲れて即寝れるはずなのですが興奮してなかなか寝付けなかったりと少しばかり身体にも影響が出てきています。仕事もほどほどにしないとですかね。

点滴での問題点

点滴を始めて1週間経たないうちに新たな問題を医者から言われ、ガックリしていました。

不信感再び32週の入院中の点滴 不信感再び32週の入院中の点滴

ただ血液検査の結果、数値は下がっており点滴継続になりました。一旦安心しました。

ただし、血液検査を毎週実施して経過観察だそうです。今回、数値が下がっているが次回下がっているかはわからないとのことでした。

数値が通常値よりも高ければ、点滴を中止し、のみ薬にするか副作用が強いマグセントに変える選択肢。

ちなみに今は妻は「ウメテリン」を使っております。それでも、先ほども書いた通り、発熱が続いていたり、動悸や震えがあったりと副作用があります。

妻はあまり口にしていないけど、きっと頭痛や吐き気もあるであろうはずなのに辛抱してくれてます。

おわりに

いよいよ、出産に向けて指折り数える段階まできました。

妊娠初期からいろいろと多くの出来事がありましたが、乗り越えてここまでこれました。

赤ちゃんは1900グラムと1500グラムまできているので、2000グラムまで二人がなってくれたら満足です。

そして妻へ。産後は好きな物を食べに行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です