最強育児マニュアル》

育児を楽しくする双子サークル

コロナウィルスの自粛が解除され、出産(2019年9月以降)に参加した双子サークルの活動に参加してきました。

双子サークルに初参加でしたが得られる物を多く、これから育児をされる方は絶対参加して欲しいです。

まだ、双子サークルに参加していない方は是非地域の活動を探してみてください。

妊娠中であっても、加入できますので早めに探すのも良いかもしれません。先輩ママ達にリアルな体験談をもとにアドバイスを貰えるはずです。

双子を出産される方、または0歳児(双子)で育児に悩まれている方は、地域の双子サークルに参加される事をお勧めします

双子サークルのここが良い

我が家で参加している双子サークルでは、月1で児童館や公園に集まり、2~3時間ママさん達やパパさん達と交流を深める機会が設定されています。

今回は、コロナの自粛が解除されたことに伴い、3密にならないように注意し公園で数時間過ごしています。

双子サークルでは、サイズが合わなくなった洋服や靴を譲ってもらえます。

また、歳が近い子供同士であればお互いの発達具合を話す事もできます。

子供の発達って双子だと尚更悩みの種の一つではないでしょうか。

双子ってどうしても予定日より前に出産を迎える事が多く、それに伴って病院では発育系の事を指摘されます。

個々それぞれの成長があるので、そこまで気にすることはないと思っています。

が、病院の先生によっては、『なんでこの月齢でこんなこともできないの?』と心無い言葉を言う方も居ます。(実体験談)

さりげない言葉でも、育児をしている当人からすれば悩みの種になりかねないのが実情です。

結局、されげない言葉を鵜のみにしてしまい一人で悩み、ネガティブな方向に進みかねません。

ですが双子サークルに加入すれば、似たような経験を共有できます。そして、こんなちっぽけな事で悩んでいたんだって思う事もできます。

また、素晴らしいお言葉を教えて頂ける事もあります。

私個人で一番心に残った言葉としては、以下の通りです。

『発育が遅くても、個々の子供の成長スピードで大きくなる。そのスピードが遅くても、可愛らしい時間を長く共有できるんだよ』

寝返り、お座りの教本通りの月齢で出来ない事があっても、いずれは出来るんだからそんな焦らなくても良いとの事でした。

一人で育児を抱え込まない事が双子育児にはとっても大切です。

育児は自分一人で抱え込まない事が一番大事です。

双子サークル参加当日

普段の交流は、LINEでママさん達がグループラインでしており、今回の周知もLINEにてありました。

現地(公園)に行く道中、妻と双子サークルの方達見つけられるかねとか、どうやって声かけようといった話をしながら、向かいました。

自宅から10分程の距離なので、すぐに到着。結構、大きな公園なので、多少の不安はありましたが、すぐに双子ベビーカを発見。ベビーカは見つけられたものの、主催者がどなたかわからない状況です。

現地でオロオロしていると、向こうから双子ママさんと思しき方が声をかけてくださり、何とか合流。

一つめの不安、どうやって合流するかをクリアできました。

コロナの影響もあってか、家族以外の人と会話したのが久しぶりすぎてちょっとした優しさにも感動です。

そこから、5~6組くらいの双子ママさんと交流し、月齢も近いのもあって、2時間があっという間に過ぎ去っていきました。

我が家では、ワンオペでのお風呂いれる問題、ワンオペで遠出時の仕方(車利用不可)、親が風邪ひいた際の対応等々をサークルのメンバの方に相談。

皆さん、どの家庭でも同じ問題に直面するらしく、各家庭での対応方法等を伝授していただけました。

例えば、お風呂の場合、湯舟を5㎝程張って二人とも一遍に入る方法や、時間帯を分けて一人一人で個別対応といった様々な意見を聞けました。

ちなみに我が家では、おそらくバンボとカリブを風呂場に持ち込んでお風呂にする感じになりそうです。

ここが素晴らしい点

月齢が近い事もあってか、同じ問題に直面しているので情報共有しやすいです。

育児で、毎日家で過ごしていると息が詰まることがありますが、サークルに参加する事で良いリフレッシュになります。

他の参加者の方も月一の交流を楽しみしている方も居て、皆さん同じように活用しているみたいです。

地域の双子サークルなので、近くに友人を増やすことができます。ちなみに、今回お会いした方には、『困った時には呼んでね』と言われ温かい気持ちでいっぱいです。

育児を個人プレー(ワンオペ)していると、悩みを自分で抱え込んでしまうので、双子サークルの活動で同じ境遇の方と触れ合える機会って本当に素晴らしいです。

双子サークルに参加するためには

双子サークルの探し方には色々方法はあるかと思います。が、我が家では保健センターの職員からの紹介でした。

この方法が一番、安心できるのではないでしょうか。

保健センターの方から双子サークルの存在を教えてもらい、lineにてコミュニティ参加するような流れです。

他にもSNSでサークルを探す方法もあるみたいですが、ちょっと抵抗があったりしますよね。

どうしても、個人的にはSNSは抵抗があるので公共機関で見つかると素晴らしいですね。

まずは、安心できる双子サークル参加方法の最寄りの保健センタに問い合わせてみると良いです。

保健センタで、ダメだった場合はSNSで地域のサークルを探す感じになります。

まとめ

双子出産される方は是非、最寄りの保健センタで双子サークルの事を問い合わせてみてください。

双子育児をしていく中で必ずサポートになります。

『私は一人で育てていくんだ』って意気込んでいる方も、個人では限界があります。

自身が育児に逼迫して、限界を迎える前に是非周りの方のサポートを借りてみてください。

一緒に楽しく双子育児をしていきましょう。

当ブログはXserver Business を使用しています。